体入で自分好みの働くスタイルを発見☆


時給に惹かれて

大学2年生の頃に、友人から誘われてキャバクラのバイトを始めました。友人から見せてもらった求人には、通常のバイトでは到底考えられないような時給が記載されていて、私たちはその時給の高さに心を引かれてしまいました。そして面接を受けた結果、私たちは揃って働くことができるようになりました。ドレスや靴など、揃える物にお金がかかるものの、普段の生活では着る機会がないような物たちを身につけることで、お客様を迎える心の準備ができました。初めはわからないことばかりで、先輩たちに叱られることもありましたが、お客様が気持ち良く帰って行かれる姿を見ていると、強い充実感を味わうことができました。現在私はサービス業に就いて、たくさんのお客様を接客する仕事をしていますが、大学時代のキャバクラのバイトで身につけた接客の基礎が役立っていると思います。実際に働いてみて、それまで抱いていたキャバクラのイメージが大きく変わりました。